So-net無料ブログ作成
日の出 ブログトップ

初日の出と回文年賀状 [日の出]

例年、初日の出を東京で拝んでいたが、今年は趣を変えて日光で。
拝む場所は大谷(だいや)川の上に架かる大谷大橋。
ここは日光連山を撮る絶好の場所でもある。東向きに撮ると日の出、西向きに撮ると日光連山である。

30,12,18 連山朝焼け2-9b.jpg
1. 遮るもののない?大谷川のかなた。わずかな雲海が存在することが多い。
その雲海の右方が赤く染まり、中央寄りの一部が白熱状に色づいて来た。6時58分 初日の出準備、98%完了。

30,12,18 連山朝焼け3-1b.jpg
2. 数秒後、出るぞ、出るぞ…。雲海の上に初日の出が顔を出すぞ。

30,12,18 連山朝焼け3-2b.jpg
3. 出た! この車軸状の光線を、カメラマンたちは光芒と呼ぶ。
朝日の一部が隠れたまま光を放つ時、光芒が撮れる。
水面にも赤い反射が見えて来た。

30,12,18 連山朝焼け3-4b.jpg
4. 約10秒後、まだ太陽の全貌は見えていない。

30,12,18 連山朝焼け3-6b.jpg
5. さらに10秒後、光芒が太く長くなる。水面上の反射が大きくなる。
太陽に向かってシャッターを切る時、いわゆるハレーション、すなわち光のいたずらによる意味不明の紋様が現れる。これは防ぎようがない。

30,12,18 連山朝焼け3-7b.jpg
6. 右方の黒い景色の中に、斜め上方向に走る短い白い物は、二宮尊徳が築いた人工水路の一部である。
ハイ、こんなんが出て、これでおしまいですね。サイナラ、サイナラ…。

30,12,18 連山朝焼け3-9b.jpg
7. 西を望むと日光連山。朝日の赤さによる影響が2~30分間続く。

今年こそ、天災の少ない、世界中の国民が平和を謳歌する、誰もが笑顔の絶えない、良い年でありますように。

ここまでで記して、読者諸氏にお詫びをしなければならない。
実はこの初日の出は、今はやりのフェイクニューズである。
総理大臣も、大統領も、嘘をつきっぱなしの世情を鑑み、ちょっと悪ふざけをしてみた。この日の出の画像は、12月18日に撮ったものである。
しかし、晴天の朝の日の出は、元旦であろうと12月18日であろうと、違いを指摘出来るところはまったくない。この通りの初日の出になったはずである。
とはいえ、フェイクはフェイク。襟を正して皆様に、東京の地からお詫び申し上げます。
良いお年をお迎えください。


恒例の「干支回文狂歌年賀状」をお楽しみください。

「止すらしの、身がはかないか亥年武士。 徒為か否かは神の白洲よ」
(ヨスラシノミカハカナイカイトシフシトイカイナカハカミノシラスヨ)(逆から読んでください)
(徒為;むだなこと、 白洲;江戸期の裁判所)

決行回避だって? よかった…。猪突猛進だけのサムライ魂では、命の危険が大きいさ。これまで大量に流した血と汗とが無駄に終わるか否かは、神様のお裁き次第だ。

干支回文狂歌は、ヒツジ年に始めて、ふたまわり目。
あと7年かけて、ふたまわり目が終了するまで続けたい。
三回り目はあり得ない。それ以上に作れる力は無い。
生きているかいないかもはっきりしない。
あと7回、全身全霊を込めてがんばるつもりである。

      2019年元旦 nikkin記す




nice!(2)  コメント(0) 
日の出 ブログトップ