So-net無料ブログ作成

雪の日光大谷川公園 [風景]

日本中が大雪だった2月1日、日光市街地は1~2cmの積雪。無念なり。
日光連山が勝手に忖度して、雪雲をブロックしてしまうのである。
栃木県は太平洋側気候となり、雪が少ない、すごしやすい環境を維持できた。

喜んでいる人たちも多いのだと思うが、カメラマンとしては、
めったにない雪の深い日光市を撮りたかった。
年々雪が少なくなってきている。イライラが募る。

31,1,26雪の大谷川公園1-1b.jpg
1. 朝の田んぼである。白いカーペットが敷かれている。
日光連山は西に位置しているのに空が赤みがかってきた。
夕焼けみたいになってきた。
東の空が赤くなったため、東の雲が光を反射して西空に届けたのである。

31,1,26雪の大谷川公園1-3b.jpg
2. 西の空が赤い。東の空に朝日が上りかけているからである。

31,1,26雪の大谷川公園1-6b.jpg
3. 間もなく日光連山が朝日に照らされて、朝焼けを始める。
nikkinは、日光大谷川公園を目指している。徒歩30分近くかかる。
大谷川公園は右奥の雑木林の向こう側である。

31,1,26雪の大谷川公園1-8b.jpg
4. 男体山頂に朝日が届いた。まだ大谷川公園は遠い。

31,1,26雪の大谷川公園1-9b.jpg
5. 男体山の朝焼けが広がりつつあるが、nikkinが到着する前に朝焼けは終わっているだろう。nikkinの寝坊が原因である。

31,1,26雪の大谷川公園2-1b.jpg
6. 公園にたどり着いた。朝焼けの色がかなり褪せている。
池の水面はさざ波で、鏡像がぼやけている。公園の芝生の雪は、田んぼの雪よりもやや厚めに積もっている。

31,1,26雪の大谷川公園2-2b.jpg
7. 手前に朝日が当たらないために、連山だけが華やいでいる。
連山に神が宿って光り、これから庶民に光を分け届けてくれるのである。

31,1,26雪の大谷川公園2-3b.jpg
8. 男体山をカメラに収めるためには、カメラマンが右に移動せねばならない。

31,1,26雪の大谷川公園2-6b.jpg
9. 白と黒の世界から、赤く輝く連山を仰ぎ見る。山岳信仰の基本理念である。

31,1,26雪の大谷川公園2-7b.jpg
10. この人工の池は、日光連山の鏡像を目的に作られたはずであるが、左側の雑木林が男体山だけを隠すことが多い。だからといって雑木林を切り倒すことはしない。

31,1,26雪の大谷川公園2-9b.jpg
11. 人工の池に住み着いた野生のカモたち。人間慣れはしているのだが、本能的にカメラから一定の距離を保っている。

31,1,26雪の大谷川公園3-3b.jpg
12. 波にも陽が当たり始めた。今日も一日楽しく遊びなさい。

31,1,26雪の大谷川公園3-4b.jpg
13. 女峯山と赤薙山の双子山である。

31,1,26雪の大谷川公園3-5b.jpg
14. カメラが近づくとカモたちは、遠い方へと移動する。こんなか細いススキでも、物陰として利用する。

31,1,26雪の大谷川公園3-6b.jpg
15. 大谷川公園内を歩き回った。
ここは桜満開の時に、冠雪の男体山が撮れる場所である。中央の小高い所に昨年から菜の花が栽培されている。今年は範囲が広がるそうな。
読者諸氏にいい画像をお届けできるよう、最大限努力するつもりである。

31,1,26雪華@大谷川公園1-2b.jpg
16. 雪が絡みつきやすい木と、そうではない木とがある。
陽が昇ってかなり時間が経ったのだが、
このような画像を撮らせてくれる木もある。

この日の万歩計は、1万5000歩ほどを記録した。
このところ散歩が不足気味だったので、いろんな意味で、有意義な朝だった。



nice!(2)  コメント(1) 

nice! 2

コメント 1

okko

チョットの雪で、交通が乱れたり、車の運転に支障をきたしたり、都会の雪は嫌われもの。
池の水鏡、どれも素晴らしいですけど、10枚目が1番好きです。

東京も風冷たく、外に出るのが億劫です。
by okko (2019-02-12 15:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。