So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奥日光 紅葉のはしり [風景]

奥日光といえども、本格的な紅葉には1か月ほど早いが、紅葉のハシリはあちこちで見られる。

29,9,9シウリザクラの紅葉1-2b.jpg
1. シウリザクラの紅葉である。漢字では朱利桜と書くらしい。
奥日光には群生地もある、寒冷地独特の桜である。

29,6,25 シウリザクラの花1-3b.jpg
2. 6月初旬、ズミの木と争うように咲き始める。花序は長い円筒形で、穂状に咲く。
低地に咲く仲間の「ウワミズザクラ」は、一見まったく同じに見えるが、生物学的にはどこか違うらしい。私にはよくわからない。

29,6,25 シウリザクラの花1-5b.jpg
3. 花1個1個は真白であるが、散った後の萼が赤茶色をしている。満開の時期には、気品を感じさせる花である。

29,9,9シウリザクラの紅葉1-6b.jpg
4. その紅葉に戻るが、小枝単位または葉っぱ単位で紅葉する。
桜の仲間なのでサクランボが生っている。今は硬くて渋いが、霜が数回降りると、甘酸っぱい柔らかい実となる。

29,9,9シウリザクラの紅葉1-7b.jpg
5. 小枝単位または葉っぱ単位で栄養障害をきたして紅葉するのだろう。

29,9,9シウリザクラの紅葉1-9b.jpg
6. 大きな枝単位の紅葉ももちろん見られる。

29,9,9シウリザクラの紅葉2-2b.jpg
7. 逆光で見る紅葉が素敵である。


29,9,9シウリザクラの紅葉2-4b.jpg
8. 実のなる雌株とならない雄株とがある。この木の実の密度はすごい。

29,9,9湯の湖の紅葉1-1b.jpg
9. 湯の湖の出口(湯滝の直前部)にあるナナカマドも、紅葉を始めている。
今は赤い実が鈴生りなので、紅葉よりも目立つ。しかし、ナナカマドは知る人ぞ知る紅葉のトップランナーなのである。

29,9,9竜頭の滝の紅葉1-2b.jpg
10. 竜頭の滝の滝壺真上に枝を伸ばしたナナカマドである。羽状複葉の葉が真っ赤に色づいている。

29,9,9湯の湖の紅葉1-6b.jpg

11. 同じ枝を、アングルを変えて撮った。滝を背景の真ん中にしたのである。
少し手前に位置するハウチワカエデのシルエットが趣を添えている。
この枝のみに日差しが当たる、貴重な一瞬を捕えられた。日ごろの心掛けの悪い私にとっては、出来すぎの好機だった。

今年の紅葉はどんな紅葉なのだろう。
8月の日照時間が極端に短かったので、心配しているのだが、ハシリの具合は例年とあまり変わっていない。

nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

okko

もう紅葉の季節に近づきましたね。
晩秋の北海道に行ってみたいです。最後の1枚は、心がけがよかった証拠ですよ。
by okko (2017-09-20 16:50) 

nikkin

北海道! まぶたの故郷北海道!
山全体が燃え上がる北海道!
いい思い出以外はすべて消えてしまった北海道!

大学の同級生が東京出身で、北海道の大学へ行くと決まったとき、
親戚全員が大反対だったという北海道。
津軽海峡の北側には魔物が住む、とまことしやかに喧伝された北海道。

大学2年生の夏休み、東京のビール会社へアルバイトにきたら、バイト生担当の課長補佐がのたまわれた。「北海道の学生は、頭は悪いが馬力があるという話なので、今年からバイト採用を始めてみる」 4~5回、まじめな顔で言われて、その場で啖呵を切って帰りたくなった北海道。

就職先の副理事長から、北海道の山猿と呼ばれた。日本の山猿は津軽半島が北限で、北海道には山猿が居ないのに…。

北海道には戻らない覚悟で東京に就職したのに、東京を追われていま日光市に住む。なぜなぜ、北海道がこうも脳裏から離れないのだろう。
by nikkin (2017-09-22 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。