So-net無料ブログ作成

夜の華厳の滝 [風景]

知人が「華厳の滝に行ったら、滝だけがぼうーっと明るかったので、気味が悪くて逃げて帰って来た」と言った。
そんな話を聞くとだまっていられないのが私の悪い癖である。さっそく検証しに出かけた。

27,5,1 夜の華厳の滝1-1.jpg
1. 18:34 山の向こうが西の空で、まだかなり明るい。気象庁発表の「日の入り」時刻は10分ほど前だった。
滝は日陰に位置していたので、もうかなり暗い。肉眼ではそんなに青くなかったのだが、ホワイトバランスを「晴れ」にセットしたせいもあって、かなりの青さである。
風景モードのオートシャッターで、1秒ほどかかった。

27,5,1 夜の華厳の滝1-2.jpg
2. 18:36 これも風景モードのオートシャッターで撮れた。8秒かかった。
暗くなるのは本当に早い。
画像1と比べると、滝全体が1枚の絹の布のようだ。スローシャッター効果が十分に出ている。

27,5,1 夜の華厳の滝1-3.jpg
3. 18:38 基本的には同じ画像である。
しかし、風景モードのオートシャッターではもう撮れなかった。
バルブ撮影で10秒にした。青色が実に美しい。
肉眼でこれほど青く見えるわけではない。かなり暗く見えた。オートシャッターが働かない暗さである。

27,5,1 夜の華厳の滝1-5.jpg
4. 18:41 滝の下1/4あたりに白く光る部分があったので、大きく撮ったのだが、とくに感動はなかった。岩が突き出していて、それにぶつかった水が気泡を作って明るく見えたのだ。

27,5,1 夜の華厳の滝1-6.jpg
5. 18:43 滝が白く(この画面では青く)見えるのは、水の中に気泡が多いため、光が乱反射して周辺よりも明るく見えるのである。
この撮影にはバルブで30秒を要した。

27,5,1 夜の華厳の滝1-8.jpg
6. 18:46 滝の向かって斜め右わきにカメラを移動した。滝にちかくなったので、同じ30秒でも、やや明るくなった。

27,5,1 夜の華厳の滝2-1.jpg
7. 18:56 無料展望台に戻った。30秒ではもうかなり暗くしか撮れなかった。
もう肉眼では何も見えなかった。全体の闇の中で、三脚の位置をきめておけば、大体は同じに撮れる。
しかし、真っ暗やみの中でカメラを構えるのは、かなり勇気を要する。
柄にもなく、早く帰りたくなった。

27,5,1 夜の華厳の滝2-2.jpg
8. 18:59 もう一度、斜め右側から最後のショットを撮った。やはり30秒で、こんなに暗く撮れた。
これも、何にも見えない闇に向けたカメラで捉えたものである。

さあ終わりだ。急いで帰ろう。ごめんよ華厳の滝君、怖がったりして。
今夜は私の気まぐれに、遅くまで付き合ってくれて嬉しかったよ。
月夜の時にまた会いに来ようかな。



nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 5

okko

ほら、気をつけて~~~、瀧の精が後ろから音もなく付いてきてますよ~
「おぬし、みたなぁ~~」って。
by okko (2015-06-08 11:15) 

tochimochi

滝全体が1枚の絹の布のような画像、十分怖いです ^^

by tochimochi (2015-06-08 12:32) 

nikkin

okko さん
見、見、見てはいけないとは知らなかったのです。
以後決して?見にきませんので、どうぞ今回ばかりはお見逃しを…。

tochimochiさん
まさにゲゲゲノキタローの「一反木綿」ですね。
そう考えればあまり怖くはないかも…。
by nikkin (2015-06-10 12:47) 

袋田の住職

実に、興味深い実験です。
袋田の滝でも試してみたくなりました。
by 袋田の住職 (2015-06-13 20:39) 

nikkin

袋だの住職さん、ぜひやってみてください。
三脚が必須アイテムですね。
ただしライトアップの滝ではだめかもしれません。
by nikkin (2015-06-16 09:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0