So-net無料ブログ作成
検索選択
気象現象 ブログトップ

珍説論文[けあらし] [気象現象]

はじめに
 「毛嵐」「気嵐」あるいは「化嵐」「気怪し」などと書くこともあるらしいが、どれが正解なのか誰も知らない。「けあらし」と仮名書きするのが無難なようだ。

 Web検索では、「北海道留萌地区の方言。暖かい海流の表面に、山地で冷やされた寒気が流れ込むとき、その温度差が原因で出る霧の一種」とある。方言だと言うならば標準語では何と言うのか、調べても出てこない。そもそも存在しないのだ。
 気象用語は「蒸気霧」と言うそうであるが、まるでなじまない。「けあらし」が全国区になりかけているせいでもある。蒸気霧とは、英語のsteam fogを直訳しただけのものであろう。
文字を理解しても意味が分かりにくい。なじまないのも致し方ない。

 カメラマンや気象関係者
ならば、「けあらしと呼ばれる現象に2~3種類あるのではないだろうか」と感じた人たちが私をふくめて少なからず居た、あるいは居るはずである。そんな疑問を、画像中心に追及して見た。
 
日光地区で風景写真を撮り始めて10数年、撮り貯めたけあらしの画像は2千枚を超える。それらを丹念に読み解いて見つけた事実あるいはもう一つの真実がある。やぶにらみの科学者が畑違いの分野から、珍妙な理論で、珍説論文にまとめてみた。

1. けあらしの分類
  ① けあらし
    留萌など、東北・北海道地区で見られる典型的なけあらしである。
  通常1日で一番気温の下がる日の出前に出現し、日の出後に気温が上がると消え去る。日の出の太陽が雲の影に居る時は長く持続する。

   28,10 30 けあらしと釣り人1-3e.jpg
   ↑
 
 昨年10月30日10時ころ、中禅寺湖歌が浜からの撮影である。折からのワカサギ釣りが人気で、3~40艘のボートがが繰り出しており、幻想的な光景となった。
 朝から曇天気味の天候で、気温は氷点下一桁の前半だったと記憶する。

 中禅寺湖は最深部が160mもあり、対流が起こる。湧水成分が多く、湧水の温度は14~5℃とされている。対流で持ち上げられる水の温度は、7~8℃であろうか。気温との温度差は10℃前後。
  この画像のけあらしは、理論的には日の出前に出現したはずである。撮影開始後1時間ほどで消え始めた。
 
 ② 逆けあらし(仮称)
  日の出直後、強烈な赤外線が水面に届いた時に出現する。 
  水温が低く、気温が高い状況は、①の状況とは正反対である。
「逆けあらし」はnikkinの命名。
  通常、日の出直後が最強の輝きで、20~30分後に消え細る。
  ①タイプと比べると濃度が低く、逆光ではかなりの輝きでも、順光で見ると、弱弱しい、消え入りそうな風情に変化している。
  典型的な例は、早朝の釧路湿原で愛のダンスを舞うタンチョウの背景のピンク色である。

   24,3,1 1本ケヤキの日の出3-7e.jpg
   ↑
  平成24年3月1日、大谷川河川敷公園内の小さな池である。深夜に降った雪が池の中で溶けて水温を下げ、朝日が気温を上げたことにより、逆温度差が大きくなっているが、それがけあらしの発生機序か否かは不明。
  温度差以外で起こる変化としては、暖められた空気が乾いて軽くなり、上昇気流を引き起こすことなどもあるが、その影響も不明である。
  これに似た状況の画像はweb上に多数みられるが、すべて単に「けあらし」とされており、メカニズムについては全く触れられていない。

 ③ 瞬時に交代するけあらし
  日の出前の寒さで、すでに通常のけあらしが存在する状況の時に、日の出が強烈な赤外線を水面に届けると、けあらしは瞬時のあいだに①から②に交代する。この際、水温はほとんど変わらないと考えられるので、空気温だけが急速に上昇するはずである。 そのせいで通常のけあらしは容易に消え去るが、逆けあらしが登場するメカニズムが何とも不可思議である。  
      23,10,8 小田代湖のけあらし 4-4e.jpg 

  平成23年10月8日 06:27 小田代湖の水面からは①タイプのけあらしがさかんに立ち上っていた。中央の高い木は貴婦人と呼ばれているシラカンバである。。

23,10,8 小田代湖のけあらし 4-6e.jpg

 06:29  2分後、男体山の陰から朝日が顔を出した時には、けあらしは消え去る寸前となっていた。


23,10,8 小田代湖のけあらし 4-7e.jpg

 06:31 2分後には②タイプのけあらしが出現し、逆光の中で輝き始めた。

23,10,8 小田代湖のけあらし 5-2e.jpg

 06:34 その3分後にはこんなに発達した②タイプを認めた。
 このような①から②への交代を詳細にカメラで捕えられるチャンスは少ない。

 ④ 並立するけあらし
  地形によっては、①と②の両タイプの並立を観察できる。

   27,10,10 千手ヶ浜の貴重なけあらしe.jpg
   ↑
  平成27年10月10日 06:00 中禅寺湖千手ヶ浜の日の出。
左方の山は男体山。日の出前から存在していた①タイプのけあらしが、日差しの届かない山陰に限局して残っている。ギラギラした日差しに照らされた右方の湖面には、②タイプのけあらしが大きな顔で立ち上っている。
  カメラがあと10分早く到着していたら、①から②への交代を記録できたのだろうが、早朝バスの時刻表には逆らえない。
 対流による暖かな水を必要とする①タイプは水深を確保するために沖の方に位置取りし、浅瀬でも構わない②タイプは、カメラの足元近くまで来ている。①タイプがある程度しっかりした輪郭を維持しているのに対して、②タイプは輪郭がはっきりしない。
 先に消えるのはもちろん①であり、②は衰えながらも、30分近くがんばっている。

  
 ⑤ 滝壺けあらし
  滝壺にも①タイプのけあらしが発生するが、滝壺には特殊な事情がある。滝の流れがあい接する空気を大量に滝壺に引きずり込むので、溜まった空気が空に逃れ出て、滝壺から強い上昇気流が発生する。発生したばかりのけあらしはその場に留まることができず上昇気流に乗る。上昇したけあらしは、高く昇れば昇るほど冷気に冷やされて、白色が鮮やかになり、稀有なる美景を創り出すのである。
   
    23,10,19 湯滝の紅葉とけあらし5-4e.jpg

 平成23年10月8日 06:24 湯滝の上から滝壺方面を見降ろしている。背景は紅葉最盛期を迎えようとしている西戦場ヶ原。滝壺は下方に外れている。
 滝壺から昇って来たほぼ透明な空気柱が、途中から白さを獲得し、背景の紅葉とマッチして美しさを競い合う。このけあらしは、上昇気流とともに右に揺れ左に揺れ、途絶えたり、迂回したりを繰り返しながら、だんだん弱まってゆく。
 この白いけあらしが朝日に照らされながらも消えないのは、発生現場が低い場所にあり朝日が届かないため、生産が止まらないからである。
 地形の特殊性が影響するが、滝壺けあらしはどの滝にも発生するとは限らない。なぜか華厳の滝には稀にしか発生しないが、湯滝には頻繁に発生する。
 紅葉期の寒い朝はこの光景を懐かしく思い出す。

23,11,10 湯滝のけあらし1-7e.jpg

  平成22年9月14日 05:22 日の出のずいぶん前からけあらしが出たり消えたりしていた。力強く上るけあらしは、その日1日に使用しきれないほどのエネルギーを補給してくれる。
  気温についてはっきりした記憶がないが、これが出現する朝はとにかく寒い。

2. 考察
  けあらしの分類として5種類も列挙したが、基本的には①と②の2種類である。
  ③④⑤は出現の仕方による分類でしかない。
  nikkinが意図したものは、けあらしは①だけではないぞということと、②を①と同一視してはいけないんじゃない、と言うことの2点である。
 
  けあらしを分類しようなどと言う試みを思いつくのは、かなりのへそ曲がりかもしれない。しかし、まんざら的外れでも無いことをご理解いただけただろうか。少なくとも、①と②とを区別した方がすっきりする、と言うことにはご賛同いただけると思う。

20,11,29 湯気の中のヤチボウズ5e.jpg
↑  
最初に気になったのはこの画像だった。
  平成20年11月29日 画面奥の男体山頂上からでた太陽は、通常の日の出より1時間近くも遅れていた。それでも、太陽が顔を出しただけで光徳沼には湯気が立ちこもり、ヤチボウズたちが露天風呂を楽しんでいるような、幸せな時間を満喫しているような雰囲気になった。日の出前は寒々とした沼にすぎなかったのだが、衝撃的なドラマの展開に、ただただ見惚れてばかりいた。
  ここの水はほぼ100%湧水である。したがって水温は14~15℃。もしけあらしが出来るとすればそれは①タイプでなければならない。しかし、なぜかこの場所で、①タイプのけあらしは見たことがない。
  その後も、状況的にこの画像と似た条件で起こる湯気をたくさん見続けるうちに、タイプの異なるけあらしではないか、という想いがどんどん強くなっていった。
  ただし、納得できないことがある。
  ①タイプのけあらしは、みそ汁の椀から立ち上る湯気や露天風呂の湯気などのように、実生活でよく見かける現象の寒冷地版であり、不思議さを感じることはない。
  ところが、水温が低くて空気温が高い状況で湯気が立つ現象を、実生活で見かけた記憶がない。冷たい水の表面に熱源を近づけたら湯気が立つのだろうか。これは実験する価値がありそうだ。
  
洗面器に水道水を満たして白熱電球を極近まで近づけて20分間待ったが、湯気のユの字も現れなかった。洗面器の水温も高くならなかった。厳しい現実だ。
  それでも現実にはこのような状況でけあらしが立っているのである。温度差に起因するものでなければ、赤外線、遠赤外線、上昇気流なども捜査線上に浮かんでは来るが、かなり弱い存在であることも事実である。
  こんな中途半端な終わり方で、科学論文でございます、とはとても言えないが、静かそうな外見の池の水に、小石を1個投げ入れてみた次第である。

3. まとめ
  「けあらし」と言う現象を分類・解説し、それぞれに名前を付けてみた。
  従来のけあらしについては発生メカニズムがはっきりとしているが、今回の分類のうち、「逆けあらし」には、納得できるメカニズムを提唱出来なかった。
  権威者によるご批判、ご解説とご教示を切に願う次第である。







 




 

 
 


小さな池のけあらし [気象現象]

「けあらし」をインターネット調べると、「北海道などの厳冬期に、山地で冷却された空気が海上に移動して暖かい海水に触れた時、両者の温度差が6~15℃(資料によって数値が異なる)以上になった時に発生する湯気のようなもの」とある。

私はこの例示つきの説明に異議を唱えたい。
なぜなら、水温と気温の差が大きい時と言いながら、厳冬期の海水と山風のような例えしか上げていないからである。海のけあらししか念頭にないのである。
温度差が大きい時なら、その逆もあるだろう。水温が低くて気温が高い時である。そのけあらしを例示しなければインターネットの説明としては合格点を上げられない。
事実、奥日光で見るけあらしの、大多数は水温が低い時である。

たとえば、海上と違って陸封された湖水や沼では、水が凍結寸前の低温を示すことが珍しくない。そして日の出直後の空気が、太陽からの遠赤外線によって暖められ、10℃以上になることは稀ではない。遠赤外線の放射熱の高さは、冬場の陽だまりの暖かさと日陰の寒さのと差を思い出してみれば、容易に理解できる。

海以外のけあらしの写真を思い浮かべてみよう。
一番よく見かけるのは釧路湿原のピンクの湯気の中のタンチョウの舞いであろう。日の出直後の遠赤外線がけあらしの熱源であることが一目瞭然だ。
中禅寺湖千手ヶ浜や光徳沼のけあらしも、日の出直後限定の現象である。

この「水温が低くて気温が高い時のけあらし」は、ある程度狙いを定めて撮ることができる。分かりやすい例が、光徳沼の寒い朝、日の出の時刻に逆光の位置にカメラを構えればよいのである。

日光市内では、公園などの池でも条件が整えば、立派なけあらしが立つ。
「条件が整えば」という部分が重要である。池の水温が零度に近くなった時である。

そんな条件がぴったりの朝があった。nikkinが連山の鏡像を撮る小さな池である。
夜間に雪が降り、朝は部分的に青空が回復していた。雪が溶けて水温を下げ、あとは順調な日の出のを待つだけだった。

29,1,15 小さな池のけあらし1-2b.jpg
1. 06:56 小さな池と東の空である。少々雲が多すぎではあった…。
大雪予報の2日目の朝だった。

29,1,15 小さな池のけあらし1-5b.jpg
2. 07:00 日の出だ。雲が少なくなっている。しめしめ…。

29,1,15 小さな池のけあらし1-8b.jpg
3. 7:04 太陽は右上方面に登ってゆく。そこには黒い大きな雲が待っている…。
祈るしかない。典型的な、「困った時の…」。

29,1,15 小さな池のけあらし1-9b.jpg
4. 7:14 悪い予感が的中した。直射日光が届かないのだ。
右手前の木の枝で、夜間に降った雪の量が分かる。

29,1,15 小さな池のけあらし2-2b.jpg
5. 7:19 約14分待って待望の直射日光が届いた。順調なけあらしの訪れだ。

29,1,15 小さな池のけあらし2-5b.jpg
6. 7:20 とりあえずは順調そうな出足だった。もっと高くのぼってくれ。た、頼む…。

29,1,15 小さな池のけあらし3-1b.jpg
7. 7:22 この光りかたは、順調な強さの50%位にすぎない。
せめて
このまま、順調に照らしてくれよと祈ったのだが…。
普段の心がけのよくない報いはてきめんだった。


29,1,15 小さな池のけあらし3-3b.jpg
8. 7:23 光り出して4分後には、こんな惨めなけあらしが…。


29,1,15 小さな池のけあらし3-7b.jpg
9. 7:30 待ってもまっても、朝日は弱い光ばかりしか、届けてくれない。

29,1,15 小さな池のけあらし4-6b.jpg
10. 7:41 20分近く待って、ようやくかなりの強さの直射日光が届いた。

29,1,15 小さな池のけあらし4-9b.jpg
11. 7:48 しかしそれも、最盛期をとうに過ぎた朝の光だった。

29,1,15 小さな池のけあらし5-2b.jpg
12. 7:49 これはnikkinの足跡である。いらいらと歩き回ってしまった。

29,1,15 小さな池のけあらし5-9b.jpg
13. 7:50 ほぼ、撮るべきは撮った。欲を張らなければこれでも…。

29,1,15 小さな池のけあらし6-1b.jpg
14. 7:52 けあらしは、逆光で撮らないとまるで駄目である。西の空を撮ると、連山は厚い雲の中。けあらしも気配も見えない。

約1時間、寒さの中で頑張って得たけあらしの画像のすべてである。
またの機会を待つしかないが、読者諸氏の中で意欲的な方々は、どうぞもっともっと良い画像を求めて頑張っていただきたい。互いに成果を競い合いましょう。



杉並木のタツマキ! [気象現象]

栃木県は昔から、積乱雲の発生頻度が高く、雷の多いことで有名である。
最近はこれに加えて、竜巻が時たま発生する。地球温暖化のせいかもしれない。

つい最近、散歩中に日光杉並木の向こう側に立ち上る竜巻を見つけて興奮した。

28,9,25タツマキ?1-1b.jpg
1. 民家の葵のお花畑の向こうに、立ちあがる二段構えのタツマキ。
初体験のタツマキ撮影だ。心臓がバクバク音を立てていた。

28,9,25タツマキ?1-4b.jpg
2. 樹齢370年の杉並木の向こう側で、竜巻がデモンストレーションを演じていた。
手前は稲田である。
こんなところで撮影しても危険性はないのだろうか。でも、でも撮りたい。

28,9,25タツマキ?1-7b.jpg
3. 余り動かないタツマキである。形もほとんど変わらない。
とにかく見失わないように追跡しなければ…。

28,9,25タツマキ?1-8b.jpg
4. 地球に接地するのかしないのか? 余り物や人が吸い上げられている様子はない。性格温暖なタツマキか?
だんだん横に倒れそうな形をとりだした。

28,9,25タツマキ?1-9b.jpg
5. 竜巻さまに遠慮してか、お昼前の太陽もあまり眩しくない。
手前は花を祀ったお墓である。別に深い意味はない。

28,9,25タツマキ?2-1b.jpg
6. あまり変化しないタツマキに、少々飽きが来てしまった。
危険性はほとんど感じられなかった。

28,9,25タツマキ?2-3b.jpg
7. 振り向いて見ると、雲は早いスピードで流れ、形も刻一刻と変化していた。

28,9,25タツマキ?2-5b.jpg
8. 竜巻と平行に小さな飛行機雲が…。
ということは、もしかして竜巻ではなく、飛行機雲!?
定期航路を通った飛行機雲が竜巻のように見えただけ…?

28,9,25タツマキ?2-7b.jpg
9. もう間違いない。こんなお日様の出ている空にタツマキが出るはずがない。
飛行機雲と竜巻とを見間違えるなんて…。本気で言っているのかしら。

28,9,25秋空と連山1-4b.jpg
10. 日光連山は面白い形をしていた。連山から昇る水蒸気雲と、空を飛ぶ雲と。
秋空と稔った稲のコラボは、とても良い眺めだった。

人騒がせなヒコーキグモ、いや、人を馬鹿にしたブログだ!
僕はnikkinさんのカメラだけれど、ご主人様にはしっかりと叱っておきますから、皆さま、どうぞご寛大にお許し下さいね。



サツキの植え込みに虹を追う [気象現象]

サツキほどにクモノスが集中する花を他に知らない。
花期が終わった今も、クモの巣の集中現象は止まらない。と言うことは即ち、サツキに虫が集まるということを意味する。花が終わってもサツキは芳香を放ち続けるらしい。

ある雨上がりの晴れた朝、サツキの植え込みには無数のクモノスが架かっていた。
そしてすべてのクモノスに、細かい霧の結露や雨滴がまんべんなく付着していた。
太陽を背にして植え込みの前にたち、視線の高さや角度を変えて観察すると、
結露や雨滴をスクリーンにして虹が発生していた。

28,7,1 雲の巣の虹1-1b.jpg
1. 不規則に並ぶ無数のクモノス。前方一列に並ぶクモノスだけが、明るく輝いていた。よく観察すると、縦並びの7色のグラデーションがあり、虹であることが分かる。

28,7,1 雲の巣の虹1-2b.jpg
2. 近くのクモノスだけがきれいな7色を発している。

28,7,1 雲の巣の虹1-4b.jpg
3. ここでは近くの2個のクモノスが輝いている。
青と赤の縦帯がかすかに判別できる。

28,7,1 雲の巣の虹1-5b.jpg
4. 縦1列の4個のクモノスが輝いている。

28,7,1 雲の巣の虹1-7b.jpg
5. 一番近くのクモノスを引寄せてみた。

28,7,1 雲の巣の虹1-8b.jpg
6. 右側を赤色、左側を青色が占めている。

28,7,1 雲の巣の虹1-9b.jpg
7. もっと引寄せると、小さな結露が赤や青に輝いているのが分かる。

28,7,1 雲の巣の虹2-2b.jpg
8. マクロレンズで、もっとも大きく引寄せた画像である。

28,7,1 雲の巣の虹2-6b.jpg
9. これは別のクモノスである。

28,7,1 雲の巣の虹2-7b.jpg
10. 色分けがイマイチはっきりしないのであるが、贅沢は言えない。

28,7,1 雲の巣の虹3-1b.jpg
11. 結露の密度が低い場所であるが、結露に色の帯が識別できる。

28,7,1 雲の巣の虹3-6b.jpg
12. これもおなじ。

28,7,1 雲の巣の虹3-7b.jpg
13. だんだんと虹色が薄れて来た。

「梅雨晴れ間クモのお城にかかる虹」   nikkin



巨大彩雲 [気象現象]

4月23日、戦場ヶ原で7色に輝く雲に出会った。
彩雲については知識もあったし、ブログに記事をアップした経験も
http://blog.so-net.ne.jp/nikkodayori/2009-04-24あったが、目の前にある美の極致が彩雲だとは、とっさに思い浮かばなかった。あまりにも大きな天然の芸術作品だったから…。

28,4,23 彩雲の王様?1-2b.jpg
1. 竜頭の滝を過ぎて上り坂を行き、最初の右折カーブを回る直前だった。
運転手の妻が大きな声を上げた。「ちょっと見て、左側」

28,4,23 彩雲の王様?1-3b.jpg
2. 何だこの水平虹は? これが第1感だった。
こんな種類の
虹があるのだろうか? 高い木々が邪魔で撮りにくかったが、動けなかった。動いたらすぐに消えてしまうだろう…。
左下方に中禅寺湖面が見える高台である。


28,4,23 彩雲の王様?1-7b.jpg
3. 
虹?が分岐を始めた。そこで初めてこれは彩雲かもしれない、と気づいた。
それにしても長い長い彩雲だ。

28,4,23 彩雲の王様?1-9b.jpg
4. 水平だった虹色の雲が、ばらけ出した。もうすぐ終わる前兆だろう。

28,4,23 彩雲の王様?2-2b.jpg
5. 色も薄くなり始めた。
目の前を通過したバイクの兄ちゃんのヘルメットの方が美しかったかもしれない。

28,4,23 彩雲の王様?2-4b.jpg
6. どうせもうすぐ消えるのならば、戦場ヶ原へ行ってみようか。
「だめもと」の気分だった。

28,4,23 彩雲の王様?2-5b.jpg
7. 移動に4分かかった。到着して見ると、意外にもこちらの方が色が鮮やかだった。
戦場ヶ原と国道が画面に入っている。

28,4,23 彩雲の王様?2-9'b.jpg
8. 上から、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫。虹色に輝く立派な彩雲である。
こんなにも巨大な彩雲が存在するなんて予想だにしていなかった。
後でネットで検索したら、これよりも大きな彩雲がたくさん載っていた。世の中、上には上があるものだ。

28,4,23 彩雲の王様?3-5b.jpg
9. 横に長かった彩雲が途切れ始めた。今度こそもう終わりに近い。
彩雲と競い合うように、派手なウエアのバイクが2台通り過ぎた。

28,4,23 彩雲の王様?3-7b.jpg
10. それにしても、誰もカメラを構えていない。見えないのか、見ても撮る気にならないのか? キツネにつままれた気分の時間帯だった。

28,4,23 彩雲の王様?3-8b.jpg
11. 右端に、飛行機雲が1本。飛行機からは見えているのだろうか…。
もしも見えていたならば、それこそ超巨大な彩雲が撮れたことだろう。

28,4,23 彩雲の王様?4-1b.jpg
12. 最後に菖蒲が浜へ向かったが、着いた時にはこんな状態だった。
たくさん撮った後だから、悔しさはない。ありがとうよ、彩雲君。君の頑張りは秀逸だったよ。ブログ読者の皆さんにも楽しんでもらえると思うよ。


気象現象 ブログトップ
メッセージを送る