So-net無料ブログ作成
検索選択

散ってなお輝き 1.水辺 [紅葉]

紅葉は、散ってからも感動をもたらしてくれることがある。
そんな場合の条件は厳しくなるが、厳しい分、出会えた感動は大きい。
今回は水辺に落ちた紅葉の美しさを特集したい。

28,11,19 散ったモミジ1-2b.jpg
1. これは赤鬼の落ち葉である。大きな敷石が並んでおり、その上に落ちたモミジは風に吹かれて周辺に滑り落ちるが、運よく石の上に残った数枚の葉の美しさに思わずシャッターを切ったのである。

28,11,20 散ったモミジ1-1b.jpg
2. 同じく赤鬼の周辺。前画像と同じように、石の黒さがモミジの美しさを引き出している。見えてはいないが、手前に水路がある。

28,11,19 散ったモミジ3-2b.jpg
3. ここは少し離れた民家脇の路側水路である。水路の底に敷石が並べられ、水路の上方に数本の大きなモミジの木が覆い被さっている。
落ちた葉は、流されるか運よく石にしがみついていられるか…。

28,11,19 散ったモミジ3-6b.jpg
4. これは前画像と同じ石である。運の良いことにこの石には苔が密集し、しかも雨あがりだったので、しがみつきやすかった。おかげでnikkinの目に留まったのだ。

28,11,19 散ったモミジ3-9b.jpg
5. 見よ、この飾り段を。苔の付いていない石でも、雨のおかげでしがみつきやすかった。何とも豪華な飾り段が出現したというわけだ。

28,11,19 散ったモミジ4-4b.jpg
6. 丸い緑苔にモミジが群がっている。イケメンに群がる女子組のようでもある。

28,11,19 散ったモミジ4-5b.jpg
7. 水路の底の敷き石が、時々盛り上げた工事になっている。何ともしゃれっ気の多い家主である。一度一緒に杯を傾けたいものだ。

28,11,19 散ったモミジ5-4'b.jpg
8. 水路を一望できるアングルにした。
なんでもないような顔をして、なんでそんなに感動するの?と言いたいような顔をして。自分の美しさに気付いていないところが憎い…。

28,11,20 散ったモミジ2-1b.jpg
9. また6番と同じ石であるが、撮影は翌日である。モミジの配置がかなり異なっている。

28,11,20 散ったモミジ2-3b.jpg
10. スローシャッターにして流れを強調して見た。スローシャッターも、知識と技術が伴わなければ、こんな結果に終わってしまう。

28,11,20 散ったモミジ3-1b.jpg
11. またこの石である。またしてもスローシャッター効果が出ていない。

28,11,20 散ったモミジ3-2b.jpg
12. 狙い通りのスローシャッター効果が出た。
ナマコに張りついたモミジのようだ。削がして捨てたい枯葉が2枚…。

28,11,20 散ったモミジ3-9b.jpg
13. 一度は水に流されたモミジ葉が、沈んで水底に溜まって居る。
見なれない光景であるが、nikkinとしては歓迎である。

28,11,20 散ったモミジ4-1b.jpg
14. 「一度は水に流されたけど、踏ん張りどころが見つかったから、頑張ったんだ。nikkinさんに逢いたかったから、必死に川底の凹凸にしがみついたんだよ」
ありがとうよモミジ葉君たち。君たちに会えたこと、ずっとずっと忘れないよ。
岸から垂れる赤い実の灌木。水の中と外で、競争しているのだろうか。

28,11,20 散ったモミジ4-2b.jpg
15. これもスローシャッター効果がよく出ている。会心の一品?

28,11,20 散ったモミジ4-4b.jpg
16. 画像12と同じ対象であるが、撮影時間帯に15分ほどのずれがある。
こちらの方がnikkinの好みに合う。この枯葉ならば削がして捨てたくはならない。
左方の薄いピンクは、流れに沈んだモミジ葉。

28,11,20 散ったモミジ4-5b.jpg
17. このスローシャッターも面白い。水底にはたくさんの葉が沈んでいる。

28,11,20 散ったモミジ4-6b.jpg
18. 苔の多い石の上。やはりスローシャッターである。
ちょっとマンネリ気味か…。

28,11,20 散ったモミジ4-7b.jpg
19. 流れを染める赤い染料は?
水路の上に張りだした紅葉が朝日に照らされてスローシャッターの流れに映っているのである。全く期待していなかった飛び入り参加者に、感謝である。

28,11,20 散ったモミジ5-7b.jpg
20. アングルを広くしてみると、遠くは金色、近くは赤色になった。
まるで流れる落葉が赤色を出しているような…。
自然の匠(たくみ)は不可思議そのものである。

この水路を撮るようになって7年ほどたつが、こんな画像を撮れたのは初めての経験。
来年はどうなることやら。

「流れ来る赤いワインに酔い痴れぬ」  nikkin


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

okko

美しいです!!!紅葉の雛壇、水の流れがいっそう引き立てて・・・

「葉が赤くなるのは、葉を守るための色、黄色くなるのは、自然に枯れた色」  朝刊で読んで、ナルホドネ・・と朝から雑学仕入れました。


by okko (2016-12-12 15:01) 

nikkin

okkoさん
まだまだ学習意欲が旺盛ですね。
興味のあることには、学習意欲は昔よりも大きくなっていますね。
by nikkin (2016-12-15 14:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る