So-net無料ブログ作成

ヤチボウズの紅葉 [風景]

奥日光で一番早い紅葉は「竜頭の滝」といわれている。
しかし、誰もが見逃している一番がある。
それが光徳沼のヤチボウズの紅葉である。
いわゆる草紅葉の仲間であるが、見逃されがちなのである。
この紅葉がどれほどのものか、読者諸氏に見極めていただきたい。

28,9,10光徳沼のヤチボウズ1-1b.jpg
1. 光徳沼の出口から小川になっている流れが観光客の足を遮っている。
流れの底には少数のモミジ葉が沈んでいる。
向こう岸のおびただしい数のヤチボウズが、キツネ色に化粧を始めている。

28,9,10光徳沼のヤチボウズ1-3b.jpg
2. ヤチボウズの1個1個は見分けにくいが、集団の威力が伝わってくる。

28,9,10光徳沼のヤチボウズ1-4b.jpg
3. 沼の水量が不足気味、というよりも堰が流されて水面が下がっただけで、水量には変化がない。見た目には水量が不足していて、ヤチボウズが水面からかなり浮きあがった存在になっている。それでも草紅葉の魅力はよくわかる。

28,9,10光徳沼のヤチボウズ1-5b.jpg
4. 中央の1個が典型的なヤチボウズである。髪をブロンドに染め始めた元気な女の子のようだ。
ヤチボウズは全体が水にしずまないように周辺の土をかき集めて土台を高くする性質を持っている。草原化しているヤチボウズの原を歩くと、まるでスキーのモーグル競技場を歩くように、不安定極まりない。ところどころに水の流れる地面で転倒することも珍しくない。実は私も…。

28,9,10光徳沼のヤチボウズ1-7b.jpg
5. お昼近い太陽が光と影の対比を煽りたてている。暗い背景に浮き出た、赤と黄色のヤチボウズたちが、あたかも原色に髪を染めたロックダンサーのように見える。
中央の赤色系の2~3株が水鏡に映っている。

28,9,10湯川のヤチボウズ1-9b.jpg
6. 遠くには男体山。わしゃあ知らん、とばかりにあくびをしている。
彼には見飽きた光景なのだろう。
日照時間の短い場所では、紅葉が遅れている。

28,9,10湯川のヤチボウズ2-1b.jpg
7. この美しい紅葉を撮りに来ているのはnikkinただ一人。
一人きりの食べたい放題に、かえって食欲が萎えてしまった。

28,9,10湯川のヤチボウズ2-3b.jpg
8. 図5と同じ場所、同じアングルの画像であるが、お日様の輝きの違いで、こんなに変化してしまう。むしろ、図5を撮れた幸運に感謝である。

28,9,10湯川のヤチボウズ2-5b.jpg
9. 小川の岸辺?では個々のヤチボウズの形態がよく見える。

28,9,10湯川のヤチボウズ2-6b.jpg
10. ここも然り。水辺では緑が多い。紅葉が遅れるのだろうか。
ここの水はほぼ100%湧水で、水温が低く、紅葉を早める効果があるはずなのだが…。

28,9,10 光徳沼のヤチボウズ3b.jpg
11. ここでも画像の手前を水が流れている。そして緑が多い。
常に水分供給を争っているヤチボウズたちは、流れから離れるほど紅葉が早いのかもしれない。

28,9,10 光徳沼のヤチボウズ5b.jpg
12. これも画像5、8、と同じ場所。光線の強さはやや、画像5、に近いようだ。

28,9,10 光徳沼のヤチボウズ6b.jpg
13. これは画像9、とほぼ同じ。カメラアングルの選択は無数にあるのだが、このような歩きにくい場所では、ついつい撮りやすい場所で、何度もシャッターを押してしまう。
請御容赦。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

okko

久し振りのヤチ坊主クンたち、紅葉が始まりましたね。
水が少ない所の坊主クンは、紅葉しないんですか~?
by okko (2016-09-24 16:11) 

nikkin

okkoさん
そんなことはありません。紅葉が遅れるだけです。
新しくアップした記事に、12日後の画像が載っています。

by nikkin (2016-09-25 17:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る