So-net無料ブログ作成

山のヤシオツツジ クライマックス [風景]

これまで数回栃木県の県花、ツツジの女王ヤシオツツジをアップしたが、反響はイマイチだった。ヤシオツツジフェチの私としてははなはだ不満だった。
今回は山を彩るヤシオツツジが最高潮を迎えた画像をお見せしよう。これでもか、これでも賞讃の声があがらないのか、と言う気持ちが無いと言ったら嘘になる。もしもこれでも反響が下火だったら、それは私の不徳によるところであり、決してヤシオツツジのせいではないのである。

20,5,4 六方沢 朝日に映えるヤシオ1b.jpg

ここは六方沢、標高1400mの沢に咲くヤシオツツジである。朝日を向こう側から受けて、半逆光の輝きを見せて居る。
戊辰の乱の際、兵士2500名を引き連れた幕府軍の将大鳥圭介らは、日光の地で新政府軍責任者板垣退助と協定を結び、聖地日光を戦火で破壊せぬ為に、会津までの逃避行を保証された。4月29日夜、この谷底に野宿した。明日のない戦いに疲れ切った兵士たちは、一時の平安を、そして熟睡をむさぼった。朝目覚めて目にしたのがこの見知らぬ野州(栃木県)の赤い花だった。心を癒され、元気を注入されて会津へ旅立った。大鳥圭介の詠んだ漢詩が六方沢橋に掲げられている。
そのときの名残を放つ赤い輝きに、大きな感動を覚えつつ、毎年私はここを訪れるのである。

20,5,4 朝日に映える月山のヤシオ5b.jpg

ここは今市月山。長いトンネルを抜けるといきなり目に飛び込んで来るのがこの3個の峰。3個すべてが赤い花々で敷き詰められて居る。この地には月山以外にも数個の山々があるが、他の山々にはわずかなヤシオツツジしか見られない。なぜ月山にばかりこんなに集まったのか、謎である。
5月4日、この山の左の峰から登山して、3個の峰を縦走して降りてみた。何とも贅沢な2時間だった。
実は今年4回目の月山訪問だった。他の3回は深い霧の日ばかり。霧は霧で良いのだが、晴れの日を待ち望んで、4度目の正直でようやくこの晴天に恵まれた。

20,5,4 月山のヤシオ1b.jpg

まず我々を迎えてくれるのが切り立った崖の上から見下ろす高木のヤシオツツジたち。青空を背景にするピンクの木々は、品があり、優雅であり、芯からに癒される。

20,5,4 月山のヤシオ3b.jpg

これが真ん中の峰。濃淡いろいろのピンクで埋まって居る。常緑針葉樹の濃い緑と、芽吹いたばかりの広葉樹の若緑と、枯れた木々あるいは芽吹き前の茶色、そしてピンク。春色の組み合わせを引き締めるショッキングピンクである。

20,5,4 月山のヤシオ4b.jpg

これは右の峰。同じく頂上までピンクで埋まって居る。峰の向こう側から日が昇ってくるので、いまは日陰の優しさを見せるピンクである。

20,5,3 霧の月山のヤシオ4b.jpg

前日の右の峰。霧がきれいである。ミルクを掃いたような景色の中に、上方左寄り、数本の形の良い松の木の集団がある。

20,5,4 月山のヤシオ6b.jpg

この日のほぼ同じアングルの画像。松の木の集団に日が当たり始めた。
20,5,4 月山のヤシオと5本松1b.jpg

ここだけを大写ししたのがこの画像。絵になる景色である。登山の帰途、この真ん中を通って来た。

20,5,4 ヤシオと5本松4b.jpg

現場に行くと意外に花が少ない。光の矢が数本空気を切り裂く中、半逆光のツツジが美しい。松の木の幹が数本力強く写っている。

20,5,4 雲海を見下ろすヤシオ2b.jpg

登る途中、ヤシオツツジの向こうに左に栗山ダム、右に白く流れる雲海が見える。至福の時である。

20,5,4 栗山ダムと雲海とヤシオ1b.jpg

似たような景色をもう1枚。疲れを忘れられる。雲海はかなり低いところにある。

20,5,4 月山頂上の眺めb.jpg

頂上から。視界を遮るものはない。雲海が1ヵ所だけ山々の間を埋めている。不思議?な現象だ。

20,5,4 隣の山のヤシオ1b.jpg

隣の峰を見遣る。この山以外にはツツジがほとんど無いことがわかる。

20,5,4 ヤシオのトンネル2b.jpg

小さな登山道をツツジの花が覆っている。花のトンネルである。桜のトンネルと違って、人力で並木を作ったわけではないので、トンネルに迫力が無いのは致し方ない。

20,5,4 頂上から女峰山、男体山を望む1b.jpg

頂上の標識がある。1287.2mとあるが、800mに近い地点から開始したので、感動はイマイチである。
左側の遠く見える頂が男体山。中央が女峰山と赤薙山のコンビ。山の中腹に六方沢橋が見える。橋の標高が1433m。月山の頂よりも高い位置にある。

20,5,4 月山のヤシオ9b.jpg

お日様を背にして下山開始。振り向くとこれまた後ろ髪引かれる光景である。
20,5,4 朝日に映える月山のヤシオ3b.jpg

降りきると登山前は日陰だった山肌が、輝いていた。

20,5,4 華厳、白雲の滝とヤシオ2b.jpg

同じ日の午後、明智平からケーブルに乗って展望台へ。遠く華厳の滝を臨み、手前の斜面にはヤシオの群生がある。華厳の滝の右手前、白いY字型の流れは白雲の滝。地下水脈が滝となったものである。

20,5,4 華厳とヤシオ1b.jpg

展望台の左方を数分歩くとヤシオツツジの間から華厳と中禅寺湖温泉街が望める。

20,5,4 華厳とヤシオ7b.jpg

絶好のツツジ鑑賞日和で、普段は1時間に2本のケーブルが、この日は4分に1本運行して居た。往復730円。安い!

20,5,4 白根山、男体山とヤシオ2b.jpg

さらに15分くらい歩くと、白根山(左奥)と男体山(中央、頂は雲の中)をツツジの中から拝める。何とも贅沢な1日だった。

「明日死すともヤシオ尽くしの至福かな」  nikkin


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(2) 

nice! 10

コメント 6

くんひー

ツツジ見事に咲いてますね。
ツツジ越しに男体山を見ると、初夏の訪れとともに、
いよいよ登山シーズン到来!という気がします。
by くんひー (2008-05-06 09:12) 

みどれんじゃー

ピンクとグリーンのコントラストがきれいですね。
山を歩く機会がないので、
この景色はなかなか見ることが出来ないです。
by みどれんじゃー (2008-05-06 10:15) 

さるぼぼ

ヤシオツツジ、なんだか遠景は山桜のようにも見えて
とても華やかですね。
去年、ヤシオツツジを求めて矢板の釈迦が岳に登りましたが、
そのときはあまり咲いてなかったんですよね。
素晴らしい景色ですね!
by さるぼぼ (2008-05-06 17:17) 

キトリ

初めてお邪魔させていただきます。
ヤツオツツジ って言うんですね。
“山つつじは高木だよ 綺麗だねー”と夫と見させていただきました。
日光は華厳の滝、東照宮、杉並木等 しか行ってないですが、こんな素晴らしい時期 行ってみたいです。
by キトリ (2008-05-06 21:25) 

nikkin

くんひーさん
男体山の写真を見て登山シーズン到来を思う人、いいですね。若さですね。

みどれんじゃーさん
車で見に行けるところがミソです。日光の表の顔だけで満足していては見逃しますよ。

さるぼぼさん
月山に勝るヤシオツツジの山があるか? いやない。
英作文の問題みたいになりましたが、私の狭い世界では、ここが一番です。道が難しいですよ。

キトリさん
ヤシオツツジは栃木県と群馬県にしかない…。埼玉県にも少し。
他の県に移すのは県の条例違反になりますが、苗木屋さんから買うぶんには問題ありません。ただ生着しないことが多いようです。ヤマツツジは別の品種です。
by nikkin (2008-05-07 16:54) 

春分

やはり栃木もいいですね。そろそろ帰らないといけませんが。
by 春分 (2008-05-10 06:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る