So-net無料ブログ作成
検索選択

日光のサル [動物]

日光の野生サルが凶暴になって観光客を襲う被害が続出したのは10年ほど前からだった。
5年ほど前から野生のサルに餌を与えることを禁止する条例が出た。しばらく不満の募ったサルが商店街で暴れ回っていた。商店側もサルの好む商品を戸棚に入れたりして自衛策を講じた。
いまはサルたちも、人間を相手にしても収穫がない、と覚ったらしい。車に寄ってくることもないし、観光地の歩行者を襲うこともなくなった。そのようなサルたちは、昔ながらのかわいい存在である。

20,2,2 サル いろは坂のひなたぼっこb.jpg

1月、2月頃のいろは坂では、日が登るとサルたちがひなたぼっこをしている。足下には雪が見える。
車を怖がることはないので、車の中から撮る。車から降りると逃げられることが多い。

今市の美その他 043b.jpg

これもいろは坂。石垣の段差の上である。幸せそうだ。

20,1,27 道ばたのサルb.jpg

いろは坂を降りきった道路脇。雪が残っている。いたる所でサルに出会える。

19,4,21 木の上でオシッコをするサルb.jpg

木の上で新芽を食べていたサルが、突然オシッコをした。白い水滴のつぶつぶが光っている。
うまいタイミングで撮れたものだ。感謝。

20,4,22 いろは坂のサル10b.jpg

4月22日、第1いろは坂の「中の茶屋」跡で十数匹のサルに出会った。
冬毛をまとったサルを半逆光で撮ると、実に味わいがある。
遠くから望遠レンズで撮る。彼らも気づいてはいるが気にしない。
じわじわと間を詰める。誰かがこちらを見た瞬間に動きを止める。
まるで「だるまさんが転んだ」のゲームである。

20,4,22 いろは坂のサル11b.jpg

信頼関係ができると彼らもあわてない。もっとも、
「みんなで渡れば怖くない」の心境だったのかもしれない。

20,4,22 いろは坂のサル13b.jpg

綿毛の光の具合が暖かみを与えている。天敵のいない生活圏を謳歌している。

20,4,22 いろは坂のサル16b.jpg


30分ほども居ただろうか。彼らも自然に振る舞ってくれたし、私も無用な振る舞いは慎んだ。

20,4,22 いろは坂のサル2b.jpg

毛繕いをされているサルが気持ちよさそうに手を挙げる。見ていても気持ちがよい。

20,4,22 いろは坂のサル3b.jpg

ずいぶん気楽な格好で寝るものだ。寝ながらもこちらの様子をうかがっている。
「分かってるよ。写真だけだ。すぐに終わるさ」 私も目で答える。

20,4,22 いろは坂のサル6b.jpg

2匹の雌ザルに奉仕させている雄ザル。
ボスだろうか。とくに彼が一団を牛耳っている雰囲気は無かった。

20,4,22 いろは坂のサル15b.jpg

3匹並んで毛繕い。行儀良いこと。平和な、幸せな朝のひとときだった。
彼らを残して去るのは後ろ髪を引かれる思いだった。


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 4

ハイマン

逆光に透けた毛がいい感じです。
サルを被写体にしていろいろ良い写真
撮れそうですね
by ハイマン (2008-05-02 15:20) 

さるぼぼ

なんだか、日光にサルが以前より減った気がしてたのですが、みんな山に帰ったってことだったんですね。
昔の悪名も今では返上ですね。
by さるぼぼ (2008-05-03 13:29) 

marco

日光の猿・・・2004年だったかな、年末の豪雪のいろは坂のガードレールの上にちょこんと一匹の猿がこちらを覗ってました。とても可愛かったので家の者が撮影したんです。警戒してたかもしれないですがとても大人しくしてました。(カメラ慣れしてたのかな(笑))
(^。^)

by marco (2008-05-03 18:16) 

nikkin

ハイマンさん
逆光のサルの美しさには気づいていましたが、撮影できたのは初めてです。ラッキーでした。また出会いたいですね。

さるぼぼさん
いまは本当にかわいいです。あの、歯をむき出して人間を威嚇したサルは消えてしまいましたね。同じ霊長類なのですから仲良くしなければ。ましてや人間同士は…。

marcoさん
車の中から撮るにはサルも気にしませんね。中からは害をされないことを知っている、賢い子たちですね。
by nikkin (2008-05-06 07:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る